14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

↓↓クリックすると詳細ページが開きます。一見の価値ありですよ!

手術を一切する事なく視力を回復させる14日間視力回復プログラム!
本、雑誌もメガネなしでクッキリ見える!任天堂DS「目で右脳を鍛える」で有名な視力回復の第一人者が簡単に視力を回復させる方法を初公開!!

2010年12月16日

スピード検査

スピード検査における注意点は、スピードメーターが、時速40kmを表示したと同時に、パッシングすることもいいですが、できれば、時速40kの時に安定をはかり、パッシングする方が絶対いいでしょう。
スピードや、ライト光軸、ブレーキのチェックなどは、全て車検検査場に備え付けの検査機上で実施されることになります。
まず最初は、直進し、スピード検査機に進んでいきます。
そして、アクセルを踏み、スピードメーターが、時速40kmを示すようになれば、ライトをパッシングしてみてください。
また、サイドスリップ検査が終了すると、次にスピード検査に進んでいきます。
その後に、スピード検査機自身が、パトライトを点灯しながら車検をしている車の前にやって来ます。
そこで、合格・不合格の判定が電光掲示板に出ます。
その後、スムーズにブレーキを踏んで停止をしてください。
スピード検査が開始されますと、スピード検査機のローラーが下に降りていくので、車がなんとなく少し沈むような感覚を感じるかと思います。
前輪停止位置と書かれたものがあるかと思いますので、前輪を停止位置と表示されているところまで進めてください。
これに合格しないと、スピードメーターが壊れている疑い、走行中のスピードが正確に計測できない(つまり、走行時の本当のスピードとメーターに表示されるスピードに差違がある)場合は、車検に合格することはできないのです。
特に、最近の性能がどんどん良くなっている自動車については、静かなので、なんとなくスピードも出しやすいことから、スピードメーターが正確に作動していないかもしれないので、そんなことをふと考えると、なんとなく怖いものでよね。
そのような理由から、車検におけるスピード検査の重要性は、十分にあると考えられますよね。
また、自動車の「ホイールとタイヤ」を大きさの違うものに変更した時には、多少は実際のスピードとメーターに誤差が出る場合もありますので注意してほしいですね。
posted by テスト at 20:59| ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
婚活
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。